仏像ってそもそも何?定義は?

こんにちは、仏像ガールです。

何から話そうか…と悩んでいたところ、ふと、そもそも仏像ってなんだろう…?という疑問が浮かんできました。「仏像と大仏って一緒?」「お地蔵さまって仏像なの?」なんていう質問をよくされるので、まずは「仏像とは何か」についてお話ししようと思います。

その前に、ちょっと辞書で調べてみましょう。

仏像(ぶつぞう)
礼拝の対象として製作されたの彫像・画像。多く彫像をいう。釈迦 (しゃか) 仏以外の諸尊仏の像もさす。

デジタル大辞泉(小学館)

キャー、ちょっと難しいですね…(汗)。

「礼拝」とか「諸尊仏」とか言われると、途端に距離を感じてしまう、歴史や古典が苦手だった私…。では、気を取り直しまして…、できるだけわかりやすく説明していきましょう。

仏像の定義って?

「仏像」とは、「仏(ほとけ)」の「像」と書きます。 「像」はそのまま、彫刻や絵などで表されているもののことですが、問題は「仏」の方ですよね。

「仏」というのは、もともとは「お釈迦さま」のことを表しています。お釈迦さまは、インドに実在していたと言われるひとりの人間。

✳️お釈迦さまって?釈迦如来って?結局誰のこと?

仏というのは、「悟りを開いた者」という意味があって、 それはつまり、インドで生きていたお釈迦さまのことです。もともと、仏像とは、お釈迦さまの像のことを表すことばだったのです。

今では、この世にたくさんの仏像がいます。 そして、その仏像たちには、それぞれいろーんな名前が付いています。阿弥陀如来、観音菩薩、不動明王…

✳️仏像の種類、一覧で見てみる

こう漢字がずらっと並ぶと、とたんに難しく感じてしまいますが、大丈夫。

✳️仏像の名前って、どうなってるの?

名前の後ろについている如来、菩薩、明王…というのが役割の名前。

✳️それぞれの仏像の役割について

仏像というのは、この役割のうち 「如来」とついた方のことを表します。本当は。笑
でも、私は菩薩さまのことも「仏さま」と呼んでしまいますけどね。 あえて。
一度、お坊さまから指摘されたことがありますが、 私にとっては、「お地蔵さまも観音さまもお不動さまも、みーんな偉大な仏さま!!」という気持ちなので、あえてそう呼ばせていただいております。
紛らわしくてごめんなさい。
でも、自分の心を込めて呼びたい名前でいいと思います。
ということで、まとめると
・仏像というのは、本来は「如来」という名前がついた像のことを言う ・仏像は、もともとブッダ(お釈迦さま)の像のことを言う言葉だった
ということです。

あなたにもっと仏像とのステキな出会いがありますように…✴️